無料プレゼント付☆ホンネで語り合える人間関係とマインドフルネス 第121号

2015/11/27

highscoolgirls_mom(250変換後)

 

自分の気持ちや言葉が、しっかりと人から受けとめられているーーという実感は、
あなたはこの頃、ありますか?

 

こんにちは。
【潜在意識メンタル・トレーニング、コーチング】の立野博一です。

 

「他人が心を開いて、話してくれるのをただ聞いているだけでも……、
自分が解放されていくと体感できて、不思議でした。」


そうなんです〜。
目の前にいる他者がハートをオープンにして語っている時、
それを聞いている自分も、ココロが解放されるように感じられる。

 

上記の言葉は、2015/11/15(日)に行った、【脳と心をスッキリ解放!ビジネスと実用に活かすマインドフルネス入門講座@五反田】に参加された、
H・Nさん(女性)からいただいた感想です。

 

今回の講座では特に、第1部を「初めてのマインドフルネス体験」
第2部を「マインドフルネスで本音トーク・コミュニケーション」
ーーという構成で、私は進めました。

 

特に第2部では、「マインドフルネス呼吸法(瞑想法)」を繰り返し練習しながら、
「マインドフルネスな意識状態」の中で、ひとの「感情」に集中して話を聴くエキササイズや、
「今、ここの自分」を感じて、口に出して皆さんとの輪の中で話すこと(トーキン・スティック)を、行ったのです。


ここで私が想定していた以上に、「マインドフルネスで本音トーク・コミュニケーション」するエキササイズは、
参加された皆さんの心を解放して・癒す効果を生み出していたようなのです。

 

そしてまた別の方T・Kさん(女性)は、こんな感想を届けて下さいましたーー

 

「人の話に耳を傾ける時、一段階意識をグーッと下げるようにすると、
心から相手の感情に共感しながら聴くことが出来るのですね。

 

講座の後、さっそく自分でもやってみました。
すると、肩の力が抜けて、
自分自身も身軽に感じられました。

 

今後も『マインドフルネス呼吸法』を実践してみます。」

 

はい、そうですね〜。
「マインドフルネス呼吸法(瞑想法)」をすると、実際に体の感覚で、
「グーッと下がる」ような、「重心が下がる」のが、微妙に感じられます。

 

すると……、

 

いつもよりも落ち着いて、自分の感情はチョット横に置いて、
相手の話を大きく包み込むように聴けるようになります。

 

・腹式呼吸をすること
・相手の話す「言葉」や「文脈」よりも相手の「感情」に集中して、キャッチしようとすること
ーーここではこの2点が、重要なコツです。

 

そして普段の状態よりも、しっかり共感して、
自分もリラックスしながら、深く話を聴き合うコミュニケーションを、
誰でも実際にできるようになるのです。

 

マインドフルネス+トーキン・スティックの可能性も

「トーキン・スティック」とは、古代の部族やネイティブ・アメリカン(いわゆるインディアン)の人々が、
お互いの意見を本音で言い、聴き合うコミュニケーション手法です。
今回の講座の最後では、この「トーキン・スティック」を「マインドフルネス呼吸法(瞑想法)」と合わせて、皆さんに体験していただきました。

 

これまで私も何度も、ワークショップで「トーキン・スティック」を行ってきたのですが……、
実は、今ひとつやりきれてない感覚が残っていたのです。


「ホンネを口に出す」のに慣れてない方には、言葉にする時にどうしても、
本音から少しズレて、「建前の言葉」を語りがちになるようなのですね。

 

そこで、「マインドフルネス呼吸法(瞑想法)」と組み合わせた環境だったら、
「トーキン・スティック」も皆さん、やりやすくなるのでは!
ーーと私は気づいて、ご提案したのでした。

 

実際の「マインドフルネス+トーキン・スティック」の手順としては、
古代の部族のように車座に座った中で、
一つの物=「スティック」を回しながら、
「今、ここで、自分が感じていること」をそのまま口に出して・語り合います。


ここでの最小限のルールはーー
「スティック」を持っている人だけが、言葉を発することを出来る。
「スティック」を持たないその他の全員は、語っている人の言葉に静かに耳をかたむけて、
聴くことに専念することです。

 

流暢に語れなくて、良いのです。
言葉に詰まったり、上手く言葉にできなくて、良いのです。
ポツリ、ポツリ、朴訥でも、自分としての言葉を口に出してみることが、大切なのです。

 

こんな風に、全員で静かに「ひとの語りを聴く」ことに集中していると……、
心に持っていたかもしれない「守りの部分」や「かたくなさ」が、
ジワジワ氷が溶けるように消えて行くようです。

 

他人の語る話をただ聴いているのって……、イイものだなと、
心に染み込んでくるように感じられるのです。
いかがでしょうか?

 

→→次号に続く



 

思考や感情の堂々巡り、グルグル回りを呼吸で手放す 第120号

2015/11/09

sea7(変換後)

 

自分の内側を、思考や感情がグルグル回り続ける状態から……、
スッキリした青空のようになれたらイイナ?ーーと思いませんか?

 

こんにちは。
立野 博一です。
無料メルマガ今日もワクワク☆ライフ・チェンジ通信をお届けします。

 

「マインドフルネスな心と体の状態」とは、どういうことでしょう?
これを実際的に、できる限りわかりやすく、今回はお伝えしてみたいです。
あくまで、私=立野としてはこんな感覚、こんな状態ということですが(笑)。

 

◎思考や感情の堂々巡り、グルグル回りを「呼吸」で手放す

「マインドフルネス呼吸法(瞑想法)」では基本として、自分の今しているそのままの呼吸、
つまり「吐き出す息」と「吸いこむ息」を丁寧に感じることをします。
「体の中から、体を感じる」とも、
「呼吸の中から、呼吸を感じる」とも、言われます。

 

つまり、呼吸について考える・思考するのでなくて、
今、ここで変化し続けている呼吸の「波」を、体の側から、呼吸の側から、
感じ(認知)とろうとするのです。

 

吐いて、吐いて、吐き出して行き、
小さな「合間」があって、
体は自然に息を吸い込み始める。

 

吸って、吸って、吸って、
また小さな「合間」があって、
体は息を吐き出すことに転じる。
ーーこんな風に、呼吸を吐き出したり、吸い込んだりしています。

 

ここで一つのコツは、吐き出す息と吸いこむ息の「合間」に、
そして、吸いこむ息から吐き出す息に転じる「合間」に、
意識のスポットライトを向けることではないでしょうか?

 

すると……、

 

アレ? 「私」とは誰だったか。
ーーわからなくなる瞬間に陥ちる。
「私」って、何だったっけ。

 

とはいえこれは、ホンの短い刹那の体験であって、
繰り返す呼吸の「波」のプロセスに同期しながら、
「合間」に意識のスポットライトを向け続けます。

 

すると……、

 

「私」が消失する状態が次第にしっかりと、
長めに感じられる(認知する)ようになるようです。
そしてさらに、「私」が消失した状態に、
できる限り留まろうとするのです。

 

すると……、

 

「吐き出す息」の時の感覚の「質感」も、繊細に変化してくる。
「吸いこむ息」の時の感覚の「質感」も、繊細に変化してくるようです。

 

こうして絶え間なく「吐き出す息」から「合間」、
「合間」から「吸いこむ息」、
そして「吸い込む息」から「合間」へと変化し続ける呼吸の「波」を、
まるでサーフィンするように感じ・味わい続ける。

 

時が止まったような、静けさ。
おだやかな、平安な感覚。
そしてこの呼吸している体が、
たしかに生きているんだなという、実感と共にいる時空間。
そこでは、思考がとまっている。「私」が消失している。

 

同時に、そんな状態を、面白がり、微笑みながらみつめている、
もう一つの視点も、ほのかに存在している。
おそらくこれが「メタ視点」「メタ認知」でしょう。

 

小さな「私」=自我や思考が消失して、
おおらかな広がりが、微笑みながら、
私や私達人類、そして全存在を見守っているようだ。
おもい返せば、人生を生きる苦しさの根源とはーー、
「小さな私であること」ではなかったか?

 

……と、こうして「思い返した」瞬間に、既に、
自我や思考に戻ってきているのかもしれない。
そして、もう1度、
「合間」から入り直そうと再チャレンジします(笑)。

 

こんな風に「マインドフルネス呼吸法(瞑想法)」を身につけると(私個人の感覚ですが)、
呼吸の過程を丁寧にみつめることから、
自我や思考が消失する状態になれます。
思考や感情の堂々巡りやグルグル回っている状態から、 離れられます。


そして、小さな自我や思考が消失した状態が、
脳も柔らかくほぐれて、良い影響を与えるでしょう。
「深部の脳」と最先端の脳である「前頭前野」の連携を、活性化するはずです。

 

「雲」と「青空」のメタファー

あるいは、「形のある雲」と「形のない青空」の喩え(メタファー)も、
言われてますねーー

 

雲には「形」がある。
青空は「形」を持たない、純粋な広がり。
私たちは日常で、自分とは雲のように「形」がある存在と、思っている。

 

それが「呼吸」を感じる瞑想法をする過程で、
「形」を持たない状態に気づけるようです。

 

形がある存在、形ある自分ーー
という幻想から、離れる。
これが心に静けさや平安、
そして「メタ視点」を取り戻させてくれるようです。
いかがでしょうか?

 

→→次号に続く

 

マインドフルネスで「メタ視点」を内面に育てよう 第119号

2015/11/03

DW110(変換後)日光大真名子山

 

もしも空の上から、あなたに「イイことがあるように〜」と、
見守っている眼が存在しているとしたら……、
いかがでしょう?

 

こんにちは。立野博一です。
無料メルマガ今日もワクワク☆ライフ・チェンジ通信最新号をお届けします!

 

Googleや世界の最先端企業でも採り入れられ、話題となっている「マインドフルネス」。
これは、私達の心にいろいろと役立つ方法なのですが、
中でも今日は、「マインドフルネス呼吸法(瞑想法)」を実践すれば内面に育ってくる、
「メタ視点(あるいはメタ認知)」について、ご紹介させて下さい。

 

「マインドフルネス呼吸法」は内面に「メタ視点」を育てる

マインドフルネス呼吸法では、何より基本として、
自分が呼吸しているそのままの、「吐きだす息」と「吸い込む息」に意識を向けます。
できれば、肺呼吸ではなく、腹式呼吸をして、
お腹で「自分の呼吸」を感じるようにしてみて下さい。

 

すると……、
次第に、気分が落ち着いて、リラックスしてきて、
普段とチョット違う意識状態になって行きます。
私たちは普段、目の前のことに意識を取られていることが多いですが、
ボンヤリいつもより広く、内面を感じられるようになるようです。

 

これを、剣豪 宮本武蔵は、
「観の目」と上手い表現をしていますーー

 

「観・見ふたつの目の付け方があり、
観の目(大局を見る目)を強く、見の目(細部を見る目)を弱くして、
遠方をしっかり見極め、近いところを大局的にとらえること。
それが兵法では最も大切なことである。」
宮本武蔵「五輪書・火の巻」

 

流石に宮本武蔵ですね〜!
「観の目=大局を見る目」を持てるようになると、
これまでと周囲の見え方が、本当に変わってくるのです。
例えて言えば、
自分の頭のずっと上の方から、自分と周辺を「大きく見下ろして・眺める視点」ですね。
これが「観の目」であり、
「メタ視点」とも「メタ認知」とも言われるものでしょう。
「マインドフルネス呼吸法(瞑想法)」を実践すると、これが内面に育ってくるようです。

 

すると……、
・自我中心の思考や感情から自由になり、
・周辺の人々への共感や慈悲をより感じられるようになり、
・創造性(クリエイティビティ)が活性化して、アイデアが湧き、
・直観(インスピレーション)能力も、活性化するのです。

 

こんな風に「マインドフルネス呼吸法(瞑想法)」で「メタ視点」を開発すれば、
あなたの心や脳の能力を新たに伸ばせる可能性があります。

 

実際に私のセッションの中では、「メタ視点」はこんな風に用いてます

私なりにですが……、
私の個人対応の「コーチング・セッション」「香りの対面セッション」の場では、
「メタ視点(メタ認知)」をこんな風にもちいてます。

 

お客様(クライアントさん)と一緒の部屋にいて、お話をうかがっている時、
お客様と私の中間の上方に「メタ視点」を想定するのです。
そして、「『メタ視点』からお客様と私を見降ろしたら、どんな風に見えているだろう?」
「どんな風に感じられるだろう?」
ーーと、私の内面でボンヤリと想像します。

 

もちろんこの時、私自身の「考え方のクセ」からも自由になることが大切です。
(100%完全でなくても、出来る限りです。笑。)


すると……、


お客様(クライアントさん)の「想い方のクセ(ビリーフと言います)」や、
微妙なその方特有の「行動のパターン」を、キャッチしやすくなるようです。
そしてインスピレーションも活性化して、
「今、こんな『問い』を投げかけたら……、
何か発見や気づきをキャッチしてもらえるかもしれない!」
というアイデアも湧きやすくなります。

 

あるいは、もう一つの方法は、
お客様(クライアントさん)の位置から離れた場所に、「冷静な第3者の視点=メタ視点」を設定して、
実際に「冷静な第3者の視点」から、お客様ご自身の姿を見ていただくーー
ということもよく行います。

 

すると……、


お客様ご自身が、「自分視点」から離れて冷静に見直せるので、
これまでに無い「気づき」をキャッチしていただきやすいです。


そしてこの時のコツは、物理的にできる限り遠い場所から、
「現在の自分」を見てみることなのです。
つまり人は、自分の思考や感情から距離を持てると、
心に余裕が生まれるのです。
これも一つの、「メタ視点」の応用ですね〜。

 

そして、「観の目」「メタ視点」「メタ認知」は、実際の仕事や生活でも活用できるのではないでしょうか?
例えば、仕事のミーティングでも、
燃え尽きそうな自分に対してでも、
あるいは、親子間や夫婦間でひどく感情的になってしまった時など。
心の余裕を取り戻しやすくなるはずです。

 

「マインドフルネス呼吸法(瞑想法)」は本当に基本的な、
誰でもやりやすい呼吸法です。
練習すれば毎日の生活の1部に採り入れられます。
あなたもこんな風に、
「メタ視点」と「マインドフルネス」を活かしてみるのはいかがでしょうか?


→→次号に続く

 

重要なお知らせと、この秋の新メニューです 第118号

2015/10/14

DJ149(変換後)

 

秋の季節を満喫してますか? 味わってますか?
「今、ここ にある秋」を、あなたは感じてますか?

 

こんにちは。立野博一です。
秋のシーズンはいつのまにか通り過ぎて、冬に移ってしまいがちでもありますから……、
1日1日をしっかり感じ・楽しみながらすごしたいですね〜。
無料メルマガ今日もワクワク☆ライフ・チェンジ通信】最新号をお届けします。

 

↓とても重要なお知らせがこの下に 文末までお読み下さいね↓

 

◎【新メニュー】を複数準備しています!

私=立野は、「コーチングの仕事」「心理的・ホリスティック・アロマテラピーの仕事」の2つを軸に、「自分の仕事」を作っています。
ここ2年程準備してきた【新メニュー】を発表できるようになりましたので、ここでもご紹介させて下さい!

 

☆【新メニュー1】あなたの「長所」「強み」を引き出すインタビュー&コーチング

ひとは、自分自身の長所や「強み」には、意外に気づきにくいものです。
特に、自営業者、経営者、フリーランサーのために、
インタビューしてお話をうかがいながら、あなたのお仕事ならではの「長所」「強み」「自分軸」を、
コーチング技術も使って効果的に引き出します。


そしてインタビューするだけではなくて、それを文字起こしして原稿化し、
あなたのHPやブログ、メルマガ、Facebook等であなたの「長所」「強み」「自分軸」をアウトプットして、
実際的にお仕事に役立つ形にする所まで、応援・サポートできます。

 

☆【新メニュー2】ビジネスや実用に活かすマインドフルネス・メディテーション

私は約25年前から、「マインドフルネス呼吸法(瞑想法)」を実践してきました。
「マインドフルネス呼吸法(瞑想法)」をすると、心が静まり、リラックスできて、
直感が活性化して、脳からアイデアも湧きやすくなります。

 

そして、対面や電話、Skypeでの「個人向けセッション」や、
グループでの各種講座やワークショップでも毎回のように、
いわば準備体操として「マインドフルネス呼吸法(瞑想法)」を皆さんにご紹介してきました。

 

いろいろな考え方や視点があるでしょうが……、
私たちの日常生活やお仕事の場面で、実用に活かせるライフスタイル・イノベーションとして、
私としては「マインドフルネス」をご紹介して行きたいです。

 

具体的には、月1回程度、小グループで初めての方でも参加しやすい形の、
マインドフルネス・メディテーションの場を作りたいです。

 

また、【無料電話コーチング】の中でも、
コーチングではなくて「マインドフルネス呼吸法(瞑想法)」を気軽にご自宅にいながら、
体験していただけますよ!

 

☆【新メニュー3】初めてのアロマ香水ブレンド(調香)無料メール講座

アロマテラピーでもちいる精油(エッセンシャル・オイル)を材料として、
「世界で1本だけの、自分のためのアロマ香水」を作れます。
そこで、まったく初めての方向けに、
ブレンド(調香)するための基本を【無料メール講座】の形でアウトプットしたいです!

 

これらの【新メニュー】は準備出来次第一つ一つ、これからHPにアップして行く予定です。
関心をお持ちの方はぜひ、私のHPを時々チェックして下さいね。
・コーチングのHP http://www.holistic-coach.jp

 

・ホリスティック・アロマテラピーのHP http://www.unfold.jp/

 

【重要】11/1(日)から、これまでの各種メニューの参加費/料金を改定します

たいへん申し訳ありませんが……、
私の「コーチングの仕事」と「心理的・ホリスティック・アロマテラピーの仕事」のこれまでの各種メニューを全体的にバランス調整する意味で、
参加費/料金を2015/11/1(日)午前0時から改定いたしします。

 

もちろん、既に継続的なセッションを受けていただいているお客様(クライアントさん)には、
これまでと変わらない参加費/料金でご利用いただけます。
ただ、11/1(日)に新たにお申込いただくお客様には、新料金でチョット値上げさせていただくこととなります。


そこで私の各種個人向けセッションに関心を持っておられる方には、
10/31(土)夜23時59分までにお申込を完了されることを、お薦めします。

 

◎私の有料の各種個人向けセッションは、現在こうしたメニューで行っています

(無料メニューでは、もちろん変更ありません)

 

【コーチング関連のメニュー】

 

単発スポット・コーチング

「チョット今、困ったことがある。」
そんなあなたの必要な時に、「単発のコーチングをスポット」でお悩み解決出来ます。
対面、電話、Skype、出張で可能。
>>詳しくはここをクリック

 

継続コーチング

「これからどう進んだら良いのか?」
「たった今、どうするのが自分にとってベストなのか?」
あなたの「方向性」「自分軸」を明らかにし、それを現実にするための継続的セッション。
対面、電話、Skype、出張で可能。
>>詳しくはここをクリック

 

【アロマテラピー関連のメニュー】

 

☆アロマ香水ブレンド(個人オーダーメード)

「本当にあなたに合った香り」
「自分を感じる香り」をあなたの目の前で、オーダーメードで作れます。
対面と、出張でも可能。
>>詳しくはこちら

 

☆香りの対面(個人)セッション

心の内面にはたらくエッセンシャル・オイル(精油)約100種類をもちいるセッションです。
心を癒し、気づき、変容し、成長する、内面を旅するような深いセラピー体験。
>>詳しくはこちら

 

いかがでしょうか?
ご理解・ご了承いただけましたら、幸いです。
もしもご質問等ありましたら……、
遠慮なく電話やEメール、Fax等でお問い合わせ下さいね。

 


 

☆無料プレゼント付☆愛情や慈悲を内面に育てる具体的な方法とは 第117号

2015/10/07

007腕を開いた赤ん坊(250変換後)

 

とても不思議なことですが、心のミラクルは……、
むしろ「苦手な人の幸せを祈る時」、生まれるみたいなんです!

 

こんにちは。
立野 博一です。
無料メルマガ今日もワクワク☆ライフ・チェンジ通信最新号をお届けします。

 

先日あるITベンチャー様にて、【ビジネスや実用に活かすマインドフルネス入門講座】を、
シークレット開催させていただきました。
その講座では、「マインドフルネス呼吸法」と合わせて、
「メッタ瞑想(愛情や慈悲を育てるメディテーション)」も、参加した皆さんと行いました。
これがとてもご好評でしたので、ここでもご紹介させて下さいね。

 

愛情や慈悲を内面に育てるメディテーション

メッタ瞑想のエキササイズは、概ねこんなステップでこの日は進行しました。

 

【ステップ1】まず準備段階として、2分程腹式呼吸をして、
くつろいだリラックスした心と体の状態になります。

【ステップ2】最初に、あなた自身に「やさしい言葉」をかけます。
心の中に次のフレーズを、つぶやいて下さい。
自分の体の内側に、語りかけるように。
出来ましたら、チョット声に出してつぶやくとベターです。

 

「私が  穏やかに  なりますように。
私が  幸せに  なりますように。
私が  苦しみから  解放されますように。」
——これを数回、ユックリしたペースで繰り返します。

【ステップ3】次に、あなたが「好きな人」「尊敬している人」を1人想い出して下さい。
その「好きな人」「尊敬している人」を想い出しながら、つぶやくのです。

 

「あの人が  穏やかに  なりますように。
 あの人が  幸せに  なりますように。
 あの人が  苦しみから  解放されますように。」

【ステップ4】次に、あなたにとって「好きでもきらいでもない、中間くらいの人」を1人想い出して下さい。
その「好きでも、きらいでもない人」を想い出しながら、つぶやくのです。

 

「あの人が  穏やかに  なりますように。
 あの人が  幸せに  なりますように。
 あの人が  苦しみから  解放されますように。」

【ステップ5】そして、あなたにとって「苦手な人」「嫌いな人」「あなたの人生に問題を引き起こしている人」を1人想い出して下さい。
その「苦手な人」「嫌いな人」「あなたの人生に問題を引き起こしている人」を想い出しながら、つぶやくのです。

 

「あの人が  穏やかに  なりますように。
 あの人が  幸せに  なりますように。
 あの人が  苦しみから  解放されますように。」

 

そうなのです。つまり……、
自分自身→好きな人→好きでもきらいでもない、中間くらいの人→苦手な人・嫌いな人
という順番で、以下のフレーズをユックリゆっくりと、繰り返しつぶやくだけ、です(笑)。

 

「◯◯が 穏やかに  なりますように。
◯◯が 幸せに  なりますように。
◯◯が 苦しみから  解放されますように。」

 

実際にこれを行ってみるとおそらく……、

 

「自分自身」に「幸せになりますように」と言うのに、抵抗感を感じる方もいれば、

 

「嫌いな人」に「幸せになりますように」と言うのに、抵抗感を感じる方も、おられるでしょう。

 

どちらが「良い/悪い」ということは無いです。
ただ自分の内側で、どんな感覚や感情が湧き起こるか?ーー
これを観察するだけで良いのです。

 

すると、おそらく……、

 

これまでに想いもしなかった感情や「気づき」が湧いてくるはずです。
簡単ですが、
「メッタ瞑想」は、深い味わいのあるメディテーションなのです。

 

口先でつぶやくだけでイイ。考えなくても潜在意識に効果が生まれます

実際の講座では、まず私がリードして、これらのフレーズをユックリとしてペースで語り、

 

「◯◯が 穏やかに  なりますように。
◯◯が 幸せに  なりますように。
◯◯が 苦しみから  解放されますように。」

 

それに輪唱のように、参加者の皆さんそれぞれにつぶやいていただく形で、進行しました。

 

そして、これらのフレーズは、とくに信じる気持ちにならなくても良いのです。
本当に「言ってみるだけ」
「口先でつぶやいてみるだけ」でも、
無意識(潜在意識)に良い影響を与える方法なのです。

 

できれば、
リラックスした体と心の状態でつぶやくと、
不思議に何かが、心の深くに染み込んで感じられるメディテーションです。

 

特にこの日のマインドフルネス講座では、
「呼吸を感じる瞑想法=マインドフルネス呼吸法」や、
「体の部分部分を丁寧に感じる瞑想法=ボディ・スキャン」と、
合わせてこの「メッタ瞑想(愛情や慈悲を育てるメディテーション)」を行いましたので、
参加された皆さんのハートや体からジワジワ、
やさしい気持ちや愛情、慈愛、慈悲の気持ちを味わっていただけたようです。

 

例えば、
あんまり仲の良くない状態のご夫婦やカップルの方、
職場の上司や同僚と関係が良くないと感じている方、
「口先でつぶやくだけで良い」ですので、これを試してみませんか?
ユックリと、1言、1言、つぶやくだけです。

 

すると……、

 

翌日その相手と向かい合った時、
ナントナク微妙に、あなたの気持ちが変わって感じられるかもしれないですよ。
やさしい気持ちで、「苦手な人」「嫌いな人」
あるいは「あなたの人生に問題を引き起こしている人」を、
見られるようになるかもしれません。

 

いかがでしょうか?

 

あなたの「秘めた才能」を開くために、真の天才と対話してみませんか? 第116号

2015/10/05

idamon_lady3(250変換後)

 

こんにちは。立野博一です。
池袋と渋谷で【自己実現から自己統合へ アイデンティティ統合講演会】を、この10月私は主催しています。
10/6(火)夜には、池袋でこの講演会を催すのですが……、
どうしてか急用や葬祭でキャンセルする方が続いてまして、
10/6(火)は少人数のご参加になりそうです。


そこで私は、発想を転換いたしました(笑)。


ーーこれは参加される方には、
真の「天才」であるアイダモン・プログラム開発者 生田知久さんと、身近に・ガチで話を聴けるチャンス到来なのだと!!

 

とびきりの「秘めた才能」「天才性」とは何でしょう?

生田知久さんは、よく「天才性」という言葉を口にされます。
そこであらためて考えますと……、「天才性」とはいったい何でしょうか?

 

普通に「才能」と言えるかもしれないし、
人が秘めている、「とびきりの才能」では?
これが活性化して、表面化しやすくなる「コツ」があるみたいなのです。

 

実は……ひとの個性は、
いくつかの「ロール 部分的人格」の集合体として出来ています。
そして、「ロール 部分」はそれぞれに得意な「才能」「能力」を、
持っているみたいなのですね〜。

 

そして自分の持つ複数の「ロール 部分」をしっかり自覚して、
それぞれの「ロール 部分」の持つ「才能」「能力」をアウトプットしやすくなるわけです。

 

例えば小学生のサッカー選手がいるとして、
彼または彼女が、攻撃に向いているのか? 守備に向いているのか?
足が速くてサイドバック攻撃に向いているのか?
それともチームのまとめ役ができるキャプテン・タイプなのか?
ーー適切に見きわめることが、その選手の能力を伸ばすのに大切ですね。


そうした成長途上のサッカー選手や才能達が、
あなたの内面にも潜んでいるとしたら?

 

自分の秘めた「とびきりの能力」「天才性」を活かすとは、
こうした無意識(潜在意識)にある「ロール 部分」を理解・自覚して、
それらが活性化しやすい環境を作ることのようなのです。

 

私はこの5月から9月まで自己実現から自己統合を学ぶプログラム【アイダモン第1期】に参加しまして、
9月からはさらに【アイダモン・インストラクター・コース】に参加しています。
この中で参加者の皆さんの質問に、生田さんが答えている様子が、
また、ひじょうに興味深いのです。

 

質問されると、しばらく「ウ〜〜ン」と、
内面で何かを感じ取ろうとする間が生田さんにはあります。
そして、質問された方に1番適切とおもわれる答えを、
内面から汲み上げて語っているように見えるのです。

 

ブッダは「対機説法」で、相手に対応して語り方も内容も全く変えたという、
つまり、そんな待機説法が、
実際に目の前で行われているみたい、なのです。

 

そこでは、質問される方の「言葉に表現されたレベル」を越えて、
その方の身体、そして「気」やエネルギーまで深く感じとって、
それに出来る限り対応するように、
言葉を汲み上げているようでもあります。

 

ひとは誰でも、自分を深く理解することで、
持てるポテンシャルや「天才性」を発揮しやすくなるのです。

 

おそらく、人の持つ才能や資質の開発研究を長年続けてきて、
生田さんご自身の「天才性」のアウトプットにも関わってきたからこそ、
「天才性」という言葉も、
かろやかに使えるのではないでしょうか?

 

そうした自己実現から自己統合を研究し続けている生田知久さんのレクチャーを、
身近に・ガッツリ聴ける機会に、あなたも参加してみませんか?
あなたの「秘めた才能」、内なる「天才性」を開放するきっかけとして!

 

吉祥寺でコーチングを行うアンフォールドから【無料メルマガ】で情報発信しています

アンフォールドは武蔵野市吉祥寺を中心に、今話題のコーチングとメンタル・トレーニングの個人対応のセッションや各種ワークショップや講座等を提供しています。
「自分らしい生き方」を求めている方、
前向きに生きて行きたいとお考えの方は、気軽にご相談下さい。
当社では様々なアプローチ手法のコーチングをご提供しており、
【無料メルマガ 今日もワクワク☆ライフ・チェンジ通信】での情報提供も、大変ご好評頂いております。

【無料メルマガ 今日もワクワク☆ライフ・チェンジ通信】は、手の空いた自由なタイミングで読み進めていただけますので、
気軽に行動や意識、コミュニケーションを変えるヒントになるーーと、口コミで評判です。
また今までご発信したメルマガの内容は、ホームページや動画でも公開しております。
ご興味のある方は是非ご覧下さい。
そして、【無料電話コーチング体験】をありますので、どうぞお気軽にご利用下さい。

auto-z5at7H

【無料お試し】電話コーチングはこちら