コラージュであなたの「言葉にならない何か」を表現する 第83号

2014/12/01

collage141130(700変換後)

 

もしも「絵心が無い」と感じているとしても……コラージュなら大丈夫!
今日は、誰にでも作りやすい「コラージュ」で、
「言葉にしにくい部分」、
あなたの体験や人生、「あなたならではのテーマ」を
ひとにも見てもらえるように視覚イメージに表現する方法を、
お伝えさせて下さいね。

 

絵を描くのが苦手でも、手軽にビジュアル表現できるのです。

私の場合は……ホリスティック・アロマ「コーチング」の2つを軸に、自分の仕事を作ろうとしているのですが、
これまで15年余り研究してきたアロマの世界で、
私として「体験してきたこと」「感じてきたこと」をコラージュにしたら良いのでは?
ーーと想いついたのです。

 

私の研究してきたアロマテラピー(芳香療法)とはつまり、
「自分らしい生き方」を精油や香りを手がかりに探求することでした。
「ビジョンクエストのためのアロマ」とも言えますし、
「波動 バイブレーションで感じるアロマの世界」とも言えます。

 

一般的に日本で知られているアロマテラピーのイメージは、
「やさしい香りで、リラックス」みたいなことでしょうから、
実際ずいぶん異なっていて、わかりにくいかもしれないですね〜〜。

 

そんな「ビミョウで言葉で伝わりにくい部分」があり、
目には見えない、内的な体験なのですが……、
これをあえて視覚イメージ表現にして、「目に見える形」にしても面白いのではないか
ーーそんな風にも考えたのです。

 

お手軽コラージュの作り方

もともと私はビジュアル感覚が弱い人間でして、
絵を描いたり、色彩感覚は苦手なんです。

 

とはいえコラージュでしたら、そんな人でも、
雑誌やネット上から写真を探して、切り貼りするだけで……、
それなりに一つのものが出来てしまうのです。
コラージュは、絵を描くのが苦手な方にも、とてもお薦めできる手法なのです。

 

今回はまず、これまでHP制作等にもちいてきた手持ちの写真素材から、
テーマに合いそうなものを印刷しました。
さらに補うために、Googleで「画像検索」すると、面白い画像がいろいろとみつかります。

 

これらを横長の台紙に、切り貼けてみました。
ピカソの「ゲルニカ」という絵画もありますが、
横に長い画角(フォーマット)にすると、右から左へと横方向に視線を動かして見るので、
ストーリー(物語)性も1つの絵に生まれます。

 

例えば今回のコラージュではーー
右端に洞窟の入口があり、
当初私が個人セッションにもちいていたジャック・チェイトマン氏の精油達があり、
真中にホワイト・セージの葉を抱えた手の平、
屋久島の森、ブルー・ロータス(青い睡蓮の花)、
そして左にチベットの老僧の表情等を、配置してみました。

 

そして最後に、iPhone5Sのカメラ機能ではパノラマ撮影できるので、
これを使えば、お手軽にコラージュ画像の完成です(笑)。

 

昨日11/30(日)に7時間かかって作りましたが……、
他の仕事も同時併行して、掃除など家事もしながらですので、
このタイムは悪くないのではないでしょうか。
出来栄えは100点満点とは言えないですけれど、
私なりに、面白いコラージュ表現を一つ作れたと感じています(笑)。

 

あなたも「自分のためのコラージュ」作ってみませんか!

テーマは、きっとさまざま考えられるでしょう。
あなたの「好きなもの」「とても大切なものや人達」
「これまでの人生プロセス」、
「これから実現したい夢、ビジョン」など。

 

コラージュ療法もアートセラピーの一つとしてあるくらいで、
こうしてコラージュ作りする過程でも、
ジワジワと自分についての洞察を深まったり、
自己肯定感が高まり、満足感が湧いて感じられます。

 

この12月から年末・年始に、
あなたならでのテーマでコラージュ作りをして「自分を振り返る」のも、
きっと楽しいですよ!
年賀状にも使えるカモです!


→→次号に続く

 

auto-z5at7H

【無料お試し】電話コーチングはこちら