2017.02.18

簡単に幸せになる方法は、ある。

free-cycling

 
こんにちは。
【未来への突破口を開く、働き方・行動・人間関係変容サポート】の 立野博一です。

1週間前から私も、Apple musicを使い始めました。
いわゆる音楽聞き放題サービスですね。
遅ればせ……なんですが、
これが素晴らしいです!

 
私の場合は、2000年以降のアルゼンチン音楽を中心に、ブラジルやラテンアメリカの音源を中心に聴くことが多いのですが、
Apple musicでは、「For you」や「見つける」という機能を駆使すれば、
こうしたニッチな音源もみつかりそうなのです。

 
例えば「For you」では、
「My new music Mix」と「My favorites Mix」という機能がありまして、
「My favorites Mix」では、自分のiTunesに入れてある音源から、
私の好みにフィットしそうな曲を自動で選曲して、流してくれます。
「My new music Mix」では、自分の好みに合いそうな新しい音源を、
これまた自動で選曲して、流してくれる。

 
「My new music Mix」も「My favorites Mix」も、
Apple musicで聴けば聴くほど、私の音楽の好みにチューニングされて行くという、
便利な仕組みです。

おそらくAI(人工知能)で自動選曲しているのでしょうが、
AIの進歩を身近に実感させられます。

 
そして、「ダウンロード」機能もあるので、
Apple musicで聴いて、ダウンロードすれば、
未知のミュジーシャン、未知の音源をドンドン知っていけるという、
音楽好きな人間の好奇心を満たしてくれる仕組みなんですね〜(笑)。

 
こうして昨日2/17の私は、仕事をしつつApple musicの音質チェックをしてました〜。
参照基準としたのは、矢野顕子さんの「スーパー・フォークソング」と、
リチャード・ボナさんの「ムニア〜ザ・テイル」。
CDとApple musicで交互に聴きながら、
私の耳なのですが、聴感上の音質チェックしてみました。

 
Apple musicは通常はAAC 256kbpsですが、Wifi環境ならさらに高音質で配信されるそうです。
とはいえ、私のささやかなオーディオでも、
CDと比べると、音質に差があるのを聴き取れます。
矢野顕子さんのピアノの音のメリハリが、Apple musicでは弱い。
「マイルドな聴きやすい音」と言えなくもないけれど、
高音部と、低音部が明らかに情報不足ですね。

 
これは、スピーカーやイヤホンが高音質のものだったら、
よりハッキリわかる違いではないでしょうか。
マアやっぱり、しっかり聴きたい音源は、
やっぱりCDか、ハイレゾを確保するしかないか。

 
ともあれ、月額980円で、
未知の音源と「ほとんど無限」に出会えるのは、本当に素晴らしいです!

夜にApple musicを聴いていると、これだけで睡眠不足になりそう(笑)。

 
……というわけで、
簡単に幸せになる方法は、こんな所にもあります。

 

 

◎あなたのご感想やご意見を、気軽にコメントしておしえて下さい

”アンフォールド”では、皆様からのご感想やご意見、フィードバックを基にして、
「コーチング」「心理的アロマテラピー」の仕事を作っています。

ぜひ、お気軽にコメントをお寄せ下さいね。

 
あるいはEメールまたは電話でも、気軽にご連絡下さい
auto-z5at7H

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【未来への突破口を開く、働き方・行動・人間関係変容サポート】アンフォールド http://holistic-coach.jp/
〒180-0001 東京都武蔵野市吉祥寺北町1丁目

過去の無料メルマガ記事は左側アーカイブ月別からご覧いただけます。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

auto-z5at7H

【無料お試し】電話コーチングはこちら