お薦めブックガイド:身体/ボディワーク関連

自分を変えたい、前向きな生き方へたしかに変わるために、
そして心の癒し、気づき、変容、自己成長全般に役立つ、
お薦め本をご紹介します。
私なりのオススメ度を、☆から☆☆☆☆☆まで☆の数で表してみました。
>>コーチング/能力開発関連
>>心理関連
>>からだ関連
>>先住民文化/シャーマニズム関連
>>生き方/人生とは?
>>アートセラピー/表現
>>暮らしいろいろ

「精神生物学  副題:心身のコミュニケーションと治癒の新理論」

アーネスト・L・ロッシ著 日本教文社 1999年 ☆☆☆☆☆

ミルトン・エリクソンの晩年の共同研究者であるロッシによる、
心と神経系・内分泌系・免疫系・DNAに至る相関メカニズムをまとめた画期的な本。
ぶ厚いけれども、1度は手にされることをオススメしたい。


「免疫の意味論」

多田富雄著 青土社 1993年  ☆☆☆☆
免疫系とは生物としての「自分」と「自分でないもの」を見分けるシステムですが、
「心と体のつながり」を知る上で免疫系知には、ひじょうに深い意味があります。


「続・医者も知らないホルモン・バランス  副題:自然なプロゲステロンが女性の健康を守る!」

ジョン・R・リー他著 中央アート出版 2000年 ☆☆☆☆
乳ガン、子宮ガン、コントロールできない感情の揺れ、生理不順、骨粗鬆症などの女性が多く抱える症状は、
エストロゲン優勢な状態・環境と関連している。

ホルモン・バランス(内分泌系)についての正しい認識を持つことが必要ですね。


「オニババ化する女たち  女性の身体性を取り戻す」

三砂 ちづる著 光文社新書 2004 ☆☆☆

「オニババ化」というタイトルに、ちょっとビクッとさせられて、
手を伸ばしにくいかもしれない。
勇気を持ってこの小さな本を開いてほしいのです。
ネガティブな話題ばかりの今の社会ですが、
「もしかしたら……良い兆しも生まれてくるかもしれない」
そんな気分にさせられる本なのです。




☆気軽にEメール、電話でご連絡下さい☆

auto-z5at7H

【無料お試し】電話コーチングはこちら